生活向上log

管理人が考えたことや、生活を向上させるための記事をお届けしていきます!

作業を効率良くするために、あなたが見直すところ

同じ時間を与えられているのに、なぜか作業が遅い人。それとは逆に作業が速い人がいるのが現実です。

 

それはなぜなのか?いろいろな原因があると思いますが、その一つに、堀江貴文さんの新しい本「多動力」では、「リズム」が大切だと書かれていました。

 

私もそれを聞いて、「リズム」というものを意識するようになりました。そしたら少し作業が効率良くなったので、今回はそれを紹介したいと思います。

 

 

パソコンで課題の作業をしないといけない場合、少しでも作業に取り掛かろうと感じたときに、あなたはどうするでしょうか?

 

すぐに始めますか?私は恥ずかしながら、でもあれもやらないとだし、遊びたいし、と思うことが多く、何かしらの理由をつけてなかなか始めません。

 

でも実は、少しでもやろうと思った瞬間からリズムが発生していて、それに乗れば効率良く作業に取り組むことができます。

 

 

作業に取り組むのが苦手だから

なかなか続けられないな…とか、集中力ないな…と思う人はいるでしょう。

しかし、そう人たちって別に集中力がないわけではないです。

例えば「掃除が嫌い」という人がいるとします。私も大嫌いな掃除ですが、掃除を始めてみると、無我夢中になって気がついたら掃除に没頭していた。みたいな経験はないでしょうか?別に掃除に限らず、勉強に置き換えても良いです。

 

なぜ嫌いなものに没頭していたのでしょうか?それって実は「掃除が嫌いではない」ということではなく、「作業を始めるのが苦手」というだけのことなんです。

ですから、これに取り組もうかな〜と思うリズムが流れ出したときに、すぐに始めようと思ったときが好機なんです。「思い立ったが吉日」ということわざがありますがその通りと言えます。

 

 

途中でやめるのが効率悪くなる

堀江貴文さんは作業をしている途中で、話しかけられるのが嫌いなのだそうです。

分かりやすくするとこういうことです↓

作業に取り組む(嫌い)→作業に取り組んでいる(集中している)→話しかけられる(妨害)→作業に取り組む(嫌い)→作業に取り組んでいる(集中している)

 

つまりは、作業を妨害される(話しかけられる)と、嫌な作業を始めるということをまた繰り返さなければいけないのです。始めるのが苦手なので、これでは時間も遅れますし、ストレスも溜まりやすくなるでしょう。

 

 

まとめ

ですから、何かをしながら作業に取り組んだりする人も多くいると思いますが、そういう人は、何度も作業を始めるというストレスと時間がかかることをやっていることになります。

 

なので、一つのことに取り組む人は生産性が高いと言われているのでしょう。

 

あなたの生活でもし、このような習慣があれば、見直しましょう。何かをしながら違うことをやるのは効率がすごく悪いですから。

勉強ができないけど頭はいいと思う人は起業をしたらどうだろうか

まずはじめに

勉強ができる≠頭がいい(賢い)

であり、イコール関係ではありませんよね。

勉強ができるから頭がいいというわけではなく、勉強ができても頭が悪いなと思う人もいますし、勉強ができない人で賢いと思う人はいます。

 

しかし、高学歴だと大手企業に就職できる人が多く、収入も多いです。東大出身者の平均収入は1000万円を超えています。

 

さらに「学歴」というのは、「収入」「容姿」「性格」に並ぶほど異性が求めているものでもありますよね。

 

しかし収入や容姿と違い、学歴って特に生活する上で必要ありませんよね…

 

私は高学歴ではありません、が、学歴というものはなぜ重要なのでしょうか?

 

勉強はすべての基本だから

テストの点数(勉強がどれだけできるのか)というのは自分の多くの能力を分かりやすく数値化したものだからです。

テストまでにより高得点を取ろうとする「努力」だったり「計画性」だったり「行動力」「集中力」「継続力」などのいろいろなスキルが、テストの点数から見えてきます。

そして、難関大学であればあるほど、それらの基本的なスキルが高いことになります。

 

雇われる側の人間を育成する場所

しかし、学校というものは雇われる側の人間の中で、優秀な人材を育てる場所です。なので、いくらテストの点数が良いからといって起業して成功するとは全く限りません。

ですので、中卒でも年収が数億円の人もいます。本当の意味で賢くなるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

本を読んで勉強をしよう

本当に賢い人は雇う人間なのです。金持ち父さん貧乏父さんというベストセラー本にも書かれていましたが、お金持ちは会社を持ちます。

しかし、会社を設立するには勉強をやっても成功はできません。全く違うスキルだからですね。

 

ではどうしたら起業で成功できるのか…その大切な一つは「本を読む」ことです。

本は考え方や行動、その人の今後にプラスのなる良いことがたくさん書かれています。特定の悩みがあれば、それに関する専門的な書を読めばよいです。ですので、起業を考えている人はそれに関する本を読んで知識をつければいいです。

学校では教えてくれない本当の意味で賢くなることが書かれています。

 

最後に

自分で会社を作るのは、マニュアルや、どの行動が正解とは言えないのでとても難しいです。それに対して勉強は明確な答えが存在します。

そういう意味で起業は本当に賢い人間でないと成功できません。

もしも、勉強ができないけど、頭は悪くないと思う人は、たくさんの本を読んで、起業を考えてみてはどうでしょうか?

 

 

 

 

「小学生からやり直したい」と思う人はまずい状態なので聞いて

私の周りだけだろうか、過去に戻りたいと言う人って結構いるような気がする。

 

私は20代なので周りの人も同じぐらいの年齢だ。そういう人たちは本気で言っているんだろうか?だとしたらとてもまずい状態だと思う。

 

私は「過去に戻れやしないのにそんなことを言うが変」ということでまずいと言っているのではなく、若いのに過去に戻りたいと思う思考がおかしいと言っている。

 

なぜ人生これらからというときに過去に戻りたいと言うのだろうか、私はもう遅いという言葉が嫌いだ。いつでも気付いたときからスタートだと思っている。

 

今回はそのことについて書いていきたいと思う。

 

 

未来が楽しくないということ

かくいう私も一年ぐらい前は「小学生からやり直すことができればな…」と思うことが多かった。しかし現在は全くそのようなことは思わないだけでなく、「絶対にあんな過去に戻りたくない」とさえ思うようになった。

それはなぜか?「過去よりも未来の方がずっと楽しみだからだ」

一年前にも夢はあった。あったけれども本当に叶うように実行していたかと言われればそうでもなかった。しかし現在は毎日コツコツと積み重ねて取り組んでいるものがあったり、ブログで意見を発信するようになってから楽しくなった。

今現在、一年前の私のような状態になっている人は「しっかりと将来(未来)のことを見つめ直す必要があります」

 

ただし、どの銘柄の株が上がるのか…とかそういうのは分かっている……過去に戻れれば大金持ちになることも可能だろう。そういう意味では戻ってもいいかなと思っちゃったりしますね。はい…。

 

 

今やらない奴は明日もやらない

いつやるか?いまでしょ。

そう多くの自己啓発本に書かれているように今やらない人は基本いつまで経ってもやりません。

一年前の私が10年前に戻っても大して成功しなかったと思います。少し恥ずかしいけれども今の自分だったら過去に戻ればそれなりになれそう…とか思ったりします。しかしわざわざ過去に戻らなくても今でもそれなりに成功できそうな気がします(気分を悪くしたらすみません)

 

つまり、過去に戻って後悔していることに取り組むということではなく、その人の性格が問題だということ。

しかし残念なことに、小学生に戻りたいと思う人は、現在成功していない無能なんです。そんな人が過去に戻ったとしても有能になったりしません。根本的な解決にはならないので、そんなことを思う暇があればその後悔していることを今すぐ取り組んでください。それができなければ過去に行っても成功できませんよ。

 

 

私の友人の話

私の友人に曲を作ってみたいので「小学生からピアノをやっていればな…」という人がいた。

今からじゃどうこう言って絶対にやろうとしなかった。確かに不利な点は多いだろう。

しかし、ある有名な大人気ブロガーは違った。「のだめカンタービレに影響されて24歳からピアノを始めた」と言っていた。その後、有名なピアニストになったわけではないと思うが、私が思ったのはやっぱ成功している人は行動力が違うなと思った。

つまりね、、重要なのは過去にピアノを習っていたかどうかじゃない。「◯◯◯だったらな〜と思って結局なにも行動に移さないその性格が一番問題」私は強くそう思った。

 

 

まとめ

今回の記事で本当に伝えたいことってごくわずかなんです。

「小学生に戻りたい」と思う人は、そんなこと思ってる時点で成功する見込みがないので、まずその思考を変えよう。

その後悔を今の原動力にすればいいだけ。今すぐ閉じて「取り組んでください」ということ。

以上

今辛いことは今後も辛いからすぐ辞めろ

あなたは何か夢がありますか?もしそれが叶ったらとても嬉しいでしょう。

しかし、それが叶ったから幸せになれるわけではないです。

 

先日のyahooニュースに「幸福は欲しい物を全部手に入れることでなく、今手にしているものを大切にすることにあるのです。」と書かれていましたがまさしこの通りで、何かを手に入れても幸福になれるわけないです。

 

以前2ちゃんねる

「画家の夢を追っている友人が、結局画家になれなくて50歳で亡くなった…彼は幸せだったのか?」という内容のスレッドがあった。

 

「それは本人にしか分からない」だったり「可哀想…」というのが月並みの意見だと思う。

 

私の意見はちょっと違っていて「その時に幸せじゃなければ幸せになれない」というもの。逆にその時本当に楽しければ夢が叶わなくても幸せだと思う。

 

今回はそのことについて詳しく話していこうか。let's go!!!!

 

何か手に入れば幸せになれるという考えは大間違い

あなたは子供達の頃、大人は怒られないしいいな〜と思ったことはないでしょうか?

いや、誰でもあるよね?私はよく覚えてないけど何度かあると思う。

だけれど大人になったらどういうことだ!?「子供はいいな〜」とか思うことが多いし、あんな早く大人になりたいとか言っていたのに小学生に戻りたいとかいう奴まで出てくる。

 

お金がない人は「金持ちになれば幸せになれる」と思っている人がいるがそれは違う。現に宝くじ当選者が幸せになったなんて報告は滅多に聞かないけど、不幸になったという報告ならよく聞くよね?

 

 

つまり伝えたいこと

「こうなれば幸せになれる」という考え方がまず間違いなんですよ。何度も言っているけど本当に幸せなことって本当に身近にあるものです。その当たり前の小さな幸せに気が付ける人間が幸せになれます。例えば「こうやってネットやれてる環境とか十分な食べ物が食べられる」とかね。

 

今めっっちゃ辛い…だけどミュージシャンになるために頑張ろう。そうやって夢が叶ったから幸せになれると考えている人は、やめた方がいい。今を楽しめない奴は夢が叶っても楽しくないから幸せになれないです。

 

ただし収入がなくても、下積みでもいまがすごく楽しい人はそれを続ければいいと思う。

 

 

 

スティーブジョブズも言っています。「3日連続で行きたくないと思ったら今の会社を辞めろ」と言っています。

流石にこれは極端過ぎますが…辛いと思うことは無理に続ける必要がないという点では同意見です。

 

 

ホリエモンの多動力

この記事を書くきっかけになったのは堀江貴文さんの最近出版した本「多動力」に書かれていたことが起因です。

「日本人は、修行や下積み、球拾いなど、苦しいことを我慢して行う美学が相変わらず好きだ」と仰っていて、スタンスは違いながらも今回の記事で伝えたいことと似ていたので記事を書きました。

 

 

最後に…

私は夢が叶ったわけでもないですし、何かすごい実績があるわけでもないので説得力が欠けてしまうかもしれません…

しかし夢が叶っても自殺する人はいます。今楽しんだやつが人生楽しめるんですよ。
今は下積みでとても辛いけどもう少ししたら……夢が叶ったら…とか思ってる人いない?
これは大きな間違いですよ。

 

継続することの大切さをYouTuberで例える

あなたは才能のことを「他人とは違い、その人が特別に与えられた優れた能力」のように感じていませんか?

私が生活していると、多く…というかほとんどの人間がこういう風に勘違いしている気がします。

それは「天才」の間違いです。

実は才能は「継続」することなんです。

 

今回はこの継続することがどれだけ大切なのかを「YouTuberになりたい人」で分かりやすく例えていきます。

 

 

YouTubeをよく見る人

YouTubeをよく見る人で自分もYouTubeに動画を投稿したい!と思う人がいたとします。しかし、カメラや編集ソフトが云々言ったり、もう少し先になってから…とか思う人がとてもたくさんいると思うんですよ。これはYouTuberだけに限らず、漫画家だろうが小説家だろうと多いです。

私の以前の職場で、就活を諦めて物書きを目指す大学生の人がいました。その人に賞に応募しているんですか?と質問したところ、「応募したことはない」と答えました。

こんな感じで多く人が一歩踏み出すことすらしてないんです。みんな何かをすることはとても怖いですがそれではなにも始まりませんよね。

YouTuberになりたいと思う人は多い、しかし実際に動画を投稿している人はその中の極わずかでしょう。多くの人間はスタートラインにすら立ててないような気がします。

 

 

動画を投稿し出しても……

ここが最も重要なところです。仮にあなたがごくわずかの人間で、動画を投稿し出したとします。

しかし、これはスタートラインに立っただけに過ぎません。ここから多くのYouTuberと戦っていかなければなりません。

ここで求められるものが「継続力」です。

だいたい人気のYouTuberは継続して動画を投稿しています。

 

しかし継続しても成功できるとは…

継続こそ武器ですが継続して動画を投稿しても必ず成功するとは限りません。中には昔から動画を投稿し続けている人でも全く登録者が伸びていない…という人もいると思います。そういう人はジャンルが悪いのか、編集を変えた方がいいのか…どちらにしても改善しなければならない点があります。

しかし、そういう人でも少しずつ伸びていることがわかります。

そして、自分が本当にやってて楽しくない、もうこれでは成功しないな…と思ったら動画投稿を辞めてしまうでしょう。そう考えると一番大切である「継続すること」ができなくなってしまいます。

継続することができればほとんどの人間は成功できると思います。

 

一番の敵は自分

継続しても成功できなくて辞めるのならわかりますが、ほとんどの人間は継続する段階になる前に辞めてしまいます。

人間の思考はネガティブなので「どうせ成功できない」と誰もが思います。それでも信じたものだけが成功します。つまり、一番の敵は自分自身なんですね。

 

みなさん!自分に勝ちましょう!

 

 

 

 

 

自分が不幸だと思う人に聞いてほしいこと。被害者になっていては幸せになれない

あなたは「私は可哀想だ」と自分のことを思ったことありますか?

 

お恥ずかしい話ですが、私はあります。

 

しかし、そう思っていては一生幸せになることができません。今回はそのことについてお話ししていきましょう。

 

私自身の過去

私はちょっと前、(というか現在進行系なんですが…)大学の学費、家賃、食事や電気代などの生活費、その他雑費を全て1人で払っていました。アルバイトで必死に稼いだお金は全て生活費に消え、奨学金は月15万円借りていますが、学費が高いので全て学費に消えていきます。

このようにお金にすごく苦労しているので、サークルをすぐに辞め、飲み会などにもほとんど行ったことがなく、たまにできる休日もどこにも行くお金がなく大変苦労していました。

 

周りの人間はアルバイトをしていない人でも遊んでいて、自分よりもお金に苦労している人間が1人もいなかったので、ものすごくストレスが溜まり、「ああ…なんて自分は不幸な人間なんだ…貧乏な家庭に生まれてしまったばかりに…」と思うようになり、どうしようもない状態に陥ってしまいました。

 

しかし、こんな考え方では「一生幸せになることができません」

 

「自分はなんて可哀想なんだ…不幸なんだ…」と思っている人がいたらそれは危ないです。今回のお話をよく聞いて欲しいです。

 

 

私の友人で

私の高校の頃の友人に、両親の不仲が原因で、部活動や学校に来なくなってしまった人がいました。しかもその子は可哀想なことに中学時代にもやってないイジメをやったことにさせられてしまい学校で問題になり、不登校になってしまったそうです。

僕はそれを聞いて「すごく大変な思いしているんだな…可哀想に」と思いました。

そして月日は流れその子は大学生になりました。その子はサークルや学校関係で上手くいかず、メンタルもあまり強くないのでその関係で入院してしまったそうです。

しかし、それを聞いて私は「なんでこの子は可哀想なことばかり起こるのだろう」とは全く思いませんでした。

 

思ったことは「ああ…この人に問題があるのだな」です。

まず、私からしたらサークルに入って楽器まで購入できるお金があることにとても羨ましかったです。それと少しでも親に学費や生活費を負担してもらえているその子の境遇がとても羨ましかったです。私は不幸自慢をしているわけではないですが、私の方が何倍も苦労していると思いました。

 

つまり、言いたいことは「その子の境遇ではなく、最初からその子自信に問題があった」というわけです。

 

現にその子は「自分を可哀想だと思う癖」があり、いつも被害者になっていました。しかし、実際そうなってもアニメや漫画のようにヒーローは現れません。仮に誰かに助けられたとしてもそれは根本的な解決にならないので、まずその被害者意識をどうにかしないといけません。自分自身の問題ですね。

 

 

不幸話を売りにすればいい

これはある本に書かれていたのですが、私のように自分が不幸だ!と思う人は自分の不幸話を売りのしていけばいいと思います。

私も不幸だと思ったので、現にこうやってブログで不幸話書いて説得性をもたせています。

他人の不幸は蜜の味という言葉あるぐらいに、世間は他人の不幸が大好きです。本にしたら売れること間違いなし!

このようにピンチは見方を変えればチャンスになります。

 

 

当たり前の幸せに気付こう

これが一番伝えたいことなんですが、当たり前のことって実は一番幸せだったりします。こうやってネットできていることがとても幸せなんです。

私は他人と幸せを比べるのは大嫌いなので比べたくないのですが、明日生きていくのに必死な国の子供達に比べれば、とても恵まれている境遇ですよね。

あなたには家族がいますか?いない人は大切な人の1人はいると思います。そういう人が元気でいることが一番幸せなんです。

あなたは不幸な境遇かもしれませんし、私もお金にすごく苦労して不幸だと思っていました。しかし一番大切なものって気づかないだけですごく身近にあるんですよ。

不幸自慢もいいですが、それでは幸せが逃げていくばかりなので、ぜひそういう当たり前の幸せに気付くようにしてください。長くなりましたが、以上です!

 

 

 

 

 

短所もなければ長所もない

皆さんは長所、または短所だと思うことはありますか?

 

私は履歴書の長所短の欄を書くときに、毎回思うことがあります。

それは…「長所と短所って似てないか?」ということです。

好きも嫌いも紙一重という言葉がありますが、そんな感じです。

 

「寝る前に読むだけでイヤな気持ちが消える心の法則26」という本にも書かれていますが、見方を変えれば、そのあなたの短所は「長所」だったりするのかもしれません。

 

例えを上げてみる

例えを上げましょう。

・「普段は倹約家だが、仲間と出かけた時は太っ腹」

・「気が大きくなると浪費するタイプだが、普段はとてもけちん坊」

この2人の性格はどちらが良いと思いますか?

多くの人は前者の人の方が良いと思うのではないでしょうか?

しかし、実はこの2人は同一人物なのです。

 

 つまり

つまりこのように見方によって長所が短所になったり、長所が短所になったりすることがあるんです。あなたの短所に感じることも見方を変えてみましょう。

 

 

いろいろな例

私自身も「ハッキリ言えない」という短所を持っています。しかしこれも見方を変えれば「周りのことを気遣える」という長所になると思います。

「ハッキリ言えない」の反対の意味「ハッキリ言う」ということは、自分勝手だったり、周りを気にしないという短所になりかねません。

 

 

 

何かを捨てなければいけない

「ハッキリ言えない」という性格から、「ハッキリ言える」性格に変わったのなら、自分勝手だったり、周りに気を遣わない性格だと思われるかもしれません。

これがなかなか性格を変えることができない原因なんですよね。

ハッキリ言えない(気遣える)という「長所」を捨てることになってしまいますが、前回の記事で、私は「どんな人でも嫌われている」ということ言いました。人間はどんな性格だろうと嫌われるので、恐れずに少しずつ変えていきましょう!

 

 

いい人間、悪い人間はいないのではないか

最近私はあることを考えるようになりました。見方によって短所も長所ならば、いい人間と悪い人間はそもそもいないのではないか。

先生に「いい子ね」とか言われている生徒が、私たち生徒の立場からすると「全然いい子じゃない」というような経験ってありませんでしたか?

分かりやすい例えを上げると、よく喋る人がいたとします。

そういう人は、よく喋ってほしい、会話がすごく好きな人からするととても楽しくていい人になります。

しかし、あまり喋るのが好きではない人からすると、いい人間だと感じることはありませんよね?

見方によって、または見る人によって、その人の評価はガラリと変わります。つまりいい人間、悪い人間は私たちが勝手に決めつけていることなんです。

あなたの身の回りにすごく性格の悪い職場の人、クラスメイトがいるとします。でもそういう人と仲の良い人って、家族とかも含めれば1人ぐらいはいますよね。このように見方によって勝手に決めているだけなんじゃないかなぁ?

私たちが偏った見方をしているということもあるかもしれません…なにか見方を変えれば長所に思うところが見えてくると思います。

 

 

まとめ

いろいろ書きましたが、私も嫌いな人間がいますし、性格悪い人間だな〜と思うことも普通にあります。

ただ、この記事で伝えたいことは2つあって、

・「あなたが短所だと思うことは意外と長所にもなるかもよ」ということと、

・「周りの嫌な人間の嫌なところが意外と良いところであるかもしれないよ」ということです。

 

ぜひ、あなたも見方を変えてみてください!なにか新しい発見があるかもしれませんよ。