生活向上log

管理人が考えたことや、生活を向上させるための記事をお届けしていきます!

好かれることを言うより、本音を言うことの方が大切

ひょっとしてなんですが、あなたは「私のことを嫌っている人はいない!」とか思っていませんか?

 

「そう!私は誰からも嫌われてない」と思ったあなた!残念ながらあなたのことが嫌いな人はいます。いない人は、人とあまり接していないだけでこれから必ず現れます。

なぜかと言うと「誰からも嫌われない人が嫌いな人がいるから」です。

 

「いいえ、私のこと嫌いな人いるよ!」という賢いあなた。よく分かってます正解です!

 

さて詳しく語っていきますよ。

 

 

みんなから好かれる人

これを聞いて「クラスにみんなから好かれる人がいたのでそういう人もいる」という意見があるかもしれないです。

しかし、その「みんな」は数十人規模の小さいコミュニティのみんなを表していますよね。

それがクラスではなく1学年の規模にすると数百人になります。この段階であなたのことを嫌いな人はほぼ間違いなくいます。いない!と言う人はあまり周りを見てない人です。

仮に学校中の全員に好かれているという無理ありすぎる人が存在したとしましょう。しかし、そんな「みんなから好かれる人間が嫌いな人は多くいます」

 

だから嫌われてない有名人はいない


一番分かりやすい例えです。

芸能人をみれば分かりますが、必ずアンチは存在してますよね。

 

作品の評価も同じこと
Amazonで大人気の漫画や、大ヒットした映画のレビューを見ると、多くの人が★5をつけている中に、必ず★1の評価をつけている人がいますよね。
そうなんです。人の性格だろうが、作品だろうが、全てにおいて全員が全員賛成するものなんてないんです。賛否両論という言葉は、本来は全てのものに当てはまるものなんですね。

 

 

つまり

分かりましたか?つまりあなたがどんないい性格だろうと関係なくあなたのことが嫌いな人は現れます。

なので「嫌われないようにしよう」「好かれるように行動しよう」とか思っても、残念ながらあなたはもう既に嫌われているんですよ。

人間は思ったことを言っても言わなくても嫌われている。
どちらにしても嫌われるのなら「思ったことを伝えた方がいい」ですよね。

「どう思われようが自分の本音を伝える」ということが一番重要なんです。

 

 

ぼく自身もそれで後悔した経験がある

なんだかすごく偉そうなことを言っていますが、かつてのぼく自身が「嫌われたくない」と思う癖があり、相手に嫌われちゃうかも…と思ったら発言しないようにしていました。

今思えばこのころは、周りを気にするので、疲れやストレスがとても多かったです。

ぼくのことを親友だと呼んでくれたとても大切な人物がいましたが、その人を失った経験があります。これは結局なにが問題だったのかというと「最後まで本音を言えなかったから」だったのです。ぜひあなたには本音を言うようにしてほしいです。

思ったことを言うと嫌われる。と思う人がいると思いますが、案外思ったことを言った方が好かれます。

 

 

 

 

まとめ

ぼくは自分を一番大切にしてあげることは「好きなようにさせる」ことだと思っています。ししかし「相手から嫌われないように」と思ってしまうと好きなように発言できませんよね。

本音を言わないと言うことは一番自分を可愛がれてないことだと思います。

 

 

本音を言うことによって、あなたのことが嫌いになる人はいるかもしれません。しかし、そんなことであなたのことが嫌いになる人は、もともと大した関係ではありません。

しかし、本音を言えば必ずあなたのことを魅力的だと思う人物は現れます!絶対にです。

 

大切なことなので何億回でも言いますが、「周りを気にせず本音を言いましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

作業を取り組みやすくするために有効なこと

私は先日、「先送りせずにすぐやる人に変わる方法」という本を読みました。

この本に「誘導タスク」というふと気になる単語があり今回はそれを紹介させていただきます。

恐らくこの著者が考えた造語だと思うのですが、「自分がある行動をするときに、自分自身を誘導させ行動しやすくする」というものです。

 

勉強の例

分かりやすいように例を上げると、例えば「英語の 勉強をしなければいけない」と思ったら「英語の教科書とノートを机に開いておいて、次に来た時に英語の勉強をやらざるを得ない状態にする」というものです。

そうすれば嫌な勉強にも取り組みやすくなりますよね。

 

ゴミ出しの例

ゴミ出しをしなければいけない!

という例で例えると「廊下をゴミで塞いでおき、次通った時は、嫌でもゴミ出しに行かなければいけないという状態にする」というもの。

 

良いと思ったところ 

これのいいなと思ったところは、「勉強をしなければいけない」、と言われるとなかなか行動しにくくなります。人間はやらなければいけない!というときの捗らなさは異常なんです。

 

しかし、ただ机にある英語の教科書とノートを開くだけ、というのなら、実際に今すぐ勉強を始めるわけでもないので、すぐに行動することができますよね。

 

「やらなければいけない」というなかなか取り組みにくいことを「取り組みやすくする」ものが「誘導タスク」です。

 

 

やりたくないことにも使える

またこの誘導タスクは、逆に「これはやってはいけない」と思うことにも使えるなと思いました。

例えば家に帰って「ゲームをやりたくない」と思った人は、「出しっ放しのゲームを片付けておき、ゲームを始めにくい環境を作る」こともできます。

 

 

私たちの行動は環境によって左右されているかも!?

この記事を書いて思ったことは、私たちは部屋の環境によっていろいろ誘導されてるんだなと思いました。あなたが効率が悪い理由も、ひょっとしたらこういうことが関係しているのかもしれません。

一度自分の部屋から見直してみてはどうでしょうか?

 

人間は始めるのが苦手

掃除をする前はすごく嫌で、なかなか始められない人は多いと思います。実は私もそうなんですけど、始めてみると案外熱中しちゃうってことありません?実は掃除が嫌いなのではなく、始めることが嫌いなんです。誘導タスクを上手く利用して始めやすくしましょう。

 

 

 

感想

「誘導タスク」を上手に使えば、みなさんの作業もより取り組みやすくなると思います。

 

・読もうと思っている本を机に置く

・洗濯機のタイマーをかけてから寝る

・作ろうと思っている料理の食材を前もって切っておく

など、いろいろと日常で使えることが多いです。

それだけではなく、先ほど言ったように「やりたくないこと」にも使うことができるので、ぜひこれらを使って作業の効率を上げていきましょう!

 

 

 

 

 

食費を抑えている人に聞いて欲しい大切なこと

こんにちは、月にかかる食費は1万円5000円ほどの者です

 

私は一時期、「月5000円」の食費で生活していた時期がありました。その頃はお金がなくて、とにかく節約できればと思い、食費をかなり抑えた生活を送っていました。

 

恐らく大学生ぐらいの人は食費を節約しているという人も多いと思います。また、私にようにほんとわずかお金しか使えないという人もいると思いますが、今回はそういう人たちに聞いて欲しいことを書いていきます。

 

私も月5000円の食費で生活していたころと、今を比べながらお話しします。

 

 

美味しいものを食べるときが一番幸せ

 まずはこれを伝えたいです。「食欲」は三大欲求の一つですよね。その中でも「食事」「睡眠」はないと生きていけません。つまり食べることは、人間にとって一番大切なことと言っても過言ではないわけです。

現に私が1ヶ月5000円の食費で生活していた頃は、すごくストレスが溜まり、毎日がとてもつまらなかったです。

逆に、「毎日美味しいものを食べることができる」それだけでなんだかとても楽しい毎日が送れそうですよね。

少ない食費だと、毎日自分で作らなければいけないので、時間と体力も使うので、ストレスが溜まりやすくなります。さらに食費を全く使わないと似たような料理になってしまうので、さらにそこでストレスが溜まります。

「美味しいものを食べられる!」ということは人間にとって一番幸せなことだと、少なくとも私はそう思います。

 

 

食事は大切

私は健康にすごく気を使っています。健康に気を使うようになって気づいたことがありますが、健康に気をつけると必然的に食費が高くなるということです。良いヨーグルトだったり、健康を売りにしている食品ってすごく高値ですよね。さらに集中力が持続し、体にとても良いと言われているミックスナッツなども500円ぐらいします。

たまに腹の中に入ればなんでも同じだという人がいますが、全然そんなことはありません。そう思う人は、10年後、20年後、それよりもっと先のことをよく考えてください。あなたの将来の体は今食べているもので決まります。

 

インスタント食費は安いし便利だけど…

カップラーメンは安価で結構な量があります。さらに、すぐにできる便利性から1人暮らしだとついつい頼ってしまいがちですよね。便利なコンビニ弁当もそうです。しかし、将来のことや体調のことを考えると、あまり食べるべきではありません。

もちろんいといろな事情があると思うので絶対に食べるな!とは言っていませんが、できるだけ控えた方が良いということです。

 

 

まとめ

私は食費にはある程度お金をかけた方が「逆に安い」と思います。なぜなら美味しいものを食べるだけですごくストレスの発散になったり、健康にいいものを食べると将来への投資にもなります。

しかし、食費を抑えるとどうしても偏った食事や、健康に悪いののを食べてしまいがちで、さらにストレスも溜まります。

過去の私のようにあまり食費を削ろうと無理をしないことがとても大切です!

 

静岡県の良いところを伝える

現在は神奈川県に2年以上住んでいます。そこで、静岡県の良さを神奈川県との比較を交えながら伝えていきたいと思います!

 

茶畑と富士山が綺麗

結構写真とかで「富士山をバックに茶畑」の綺麗な写真を見ることが多いです。富士山は晴れた日なんかとても綺麗に見ることができます。

静岡県の山で、登ると常にあるものが「茶畑」です。それもそのはずお茶の出荷量が全国で1位で、半分近くが静岡県で生産されているからです。都会になって全くこの景色を見ることがなくなりましたが…なくなると寂しいものです。

静岡県に訪れた際には、ぜひ山に登って茶畑から富士山を眺めてください。とても絵になりますよ。

 

 

住みやすい気温

静岡県って富士山の周りは例外ですが、他は全く雪が降らないんですよ。20年間住んでいますが、風花が降っているところなら見たことはありますが、雪が降っているところは一度も見たことがありません。

なので、少し雪に憧れてしまいますが、雪が積もったり、温度も低温ではないので冬は安全に過ごせます。

 

また、温度も特別に寒いということもなければ、暑いということもないく、温度差がそこまで激しくないことから比較的住みやすい気温だと思います。

 

 

平坦な道がいい

これは神奈川県に住んでわかったことなんですが、静岡県はすごく平坦な道です。あまり坂がなく、坂があっても大した斜面ではないので、自転車で上がることができます。

私は学校まで片道20kmの長い距離を走っていましたが、坂がほとんどなく通学がとても楽でした。

しかし、神奈川県では少し走るとすぐに大きな坂がります。斜度も高く、電動自転車でないとなかなか昇れません。

静岡県は通学やサイクリングに適している環境だなと感じることが多いです。

 

 

水が美味しい

まず引っ越してきたときに始めに思ったことが「水がまずいな……」でした。

これは私が美容院に行った時に切ってくれた人も、遠くから引っ越してきて「水が美味しくないと思った」と言っていたので、他にも思っている人は多いと思います。

これは推測ですが、都会になればなるほど水が美味しくなくなるのかな?と思います。それとひょっとしたらアパート、マンションは貯水タンクの水を使っているので、その影響でまずいと感じたのかもしれません。

どちらにしても「静岡県の水道水うまかったな……」と水を使うたびに思うのですよ。

 

 

終わりに

熱海や伊豆では温泉や、景色が綺麗!新幹線や電車がとても長く走る!とかまだまだいろいろ思い浮かぶことはありますが、以上はぼくが20年間住んで素晴らしいと思ったところです。地元のよさというものは特に他県に住んでから分かるものだと思います。今はあまり地元が好きじゃないという人は、1度地元を離れれば地元の良さに気づくこともあると思います!

やっぱり地元が一番だと思います!

 

 

やることが多すぎて捗らないときの対処

みなさんは誰しもなにかやらなければいけないことを抱えているのではないでしょうか?恐らくこれは誰にでもあると思います。

 

私は本日、「課題とエントリーシートへの記入」をやろうと思っていましたが、学校から帰ってきても「やらないと」とは思っているものの、結局何ひとつ手につきませんでした。

 

そこで 、その理由と対処法を考えていきたいなと思います。

 

食事すぐに風呂に入る

「ん?」と思った人が多いのではないでしょうか。実は食後の時間というのは集中力が低下しているんです。ですから食後に勉強してもなかなか集中できません。

そして、私の場合は食後はそのままテレビを見てダラダラ過ごすことが多いです。「課題やらないと、でもテレビも見たい」と思いながら5時間とか普通に無駄にしてしまいます。こういう人は他にもいるのではないでしょうか?

 

ですので、食後すぐに風呂に入ることを強くオススメします。食後は集中力が低下しているのでそのまま作業に取り掛かるのは効率が悪いからです。

さらに風呂に入れば思考もリセットされるので、食後にダラダラテレビを見ることもなく、風呂に入ったあと作業に取り掛かりやすくなるというわけです

 

 

やるべきことを紙に書く

これはto doリストのようなものですが、その日にやるべきことを全て紙に書いてしまいます。それから「やるべきこと順」に番号を振ります。番号が早い順から順番にやるべきことをこなしていくという方法です。

そうするとどうでしょうか、すぐに手をつけるべき課題がより明確に見えてきますよね。

 

散歩をしよう

やるべきことが手につかず、注意が完全に他の方に向いてしまうのならば、気分転換に散歩をするがオススメです。先ほどに上げた風呂と似ているのですが、なかなか手につかないという時に散歩をすると、リフレッシュされ、何も手につかない状態の思考から完全にリセットされるからです。あまり散歩をしたことがない人で嫌だと思う人もいると思いますが、ぜひ一度試してほしい対処法です。

 

瞑想をする

スティーブジョブズビルゲイツなどの世界の成功者がよくやっているということで、最近注目が集まっていますよね。瞑想も散歩や風呂と似ていて気分転換になりますが、瞑想は一時的に気分がリフレッシュされるのではなく、根本から変わります。集中力がつき、自分と向き合う機会にもなります。できれば朝やることをオススメします。

また、わざわざ移動しなくても、自室で手軽にできるというのも魅力的なところです。

 

以上が「やることが多すぎて捗らない」というときに、私が導いた対処法になります。

作業が捗らないみなさんの少しでも助けになればと思います!頑張りましょう

 

 

 

 

できる人間は走り出してから考える

日本人は周りを見てから走り出すと以前に本に書かれていましたが、まさしくそう思います。

 

自分の経験

私はブログを立ち上げる前にある専門的なブログを作ろうと考えていました。

そのブログの企画書を最初に考えました。「やってはいけないこと、このブログで伝えたいこと、ターゲット層」だったりを入念に練って、A4の紙5ページにも及ぶ企画書を作りました。

 

しかし、いざ実行に移して見たら想像していたものと違い、いろいろと変更があった結果、今の雑記ブログが出来上がったわけです。

あの企画書とはなんだったのか…という話です。

 

やってみるといろいろ見えてくる

始めてもいないのにああだこうだと、計画するのは間違っていますね。実行してから見えてくる景色って多いと思います。取り掛かって初めて問題が見えてくるものです。

ぜひみなさんも渋ってないでとりあえずやってから悩んでください。やる前から悩むのは間違っています。

 

できる人はすでに行動している

私は準備万端にしてから始めようと考えていました。家を建てるにも土台がしっかりしていないとだめ。計画性はとても大切だと思っていました。しかし建物の設計はもう完成図が決まっていて、やり方も決まっています。それに対して人間の人生はやり方や完成図は決まっていません。それが決まっていればみんなゆめがかなっちゃいますよね?芸能人になれますよね。

なのでこうこうやろうと考えてやることが間違いです。本当にできる人っていうのはそんなこと考えずに行動する人なんです。

 

今思えば私の企画書だったり、土台が大切だという意見は、アウトプットして失敗するのが怖かったのかもしれません。ですから意味のない企画書を入念に練っていたのかもしれません。

 

尊敬するブロガーが言ってたこと

私の尊敬するブロガーは高校生からの質問で「大学生になったらブログを始めようと思う」という質問をもらったそうです。それに対してその人は「いや、今から始めてください」という記事をあげていました。

まさしく私もその通りだと思います。基本的にやろうと思ったことはやろう!と思ったときのモチベがピークであとはどんどん下がっていくだけなんです。つまり今やらない人は後になってやらないことが多いと思います。

 

極めてからやろうとするのは間違い

私の友人に「上手くなってから絵を投稿する」と言っていた人がいました。しかし、それは間違いです。本当に上手くなる人は、下手なときから投稿し始めます。なぜなら満足する日というにはどの分野においても訪れないからです。

 

 

私の尊敬する「社会人一年目で100万円以上を達成したブロガー」はデザインを勉強するためにデザイン教室に通うことにしたそうです。私が驚かされたのは、その人は「これからデザインの教室に通い出す」というのにも関わらず、友人や知人からもうすでに仕事を5件取ってきたと言うところです。

その人曰く「プロになってから仕事を貰おうとしている人より多くの人よりは100倍早く成長できる」と言っています。私もまさしくその通りだと思います。

多くの人間はしっかり考えてから走り出すんですよね。

 

普通の人はこの行動を真似できるでしょうか…私はとても無理ですが、このぐらい積極的な人間が成功するということです。成功できる人間はスタートラインに立つ前にグダグダと考えずに走り出しているものなんです。

 

 

 

 

電車内でやっていることと、オススメ

私は大学三年生になって電車通学になりました。2時間もの長い間、電車の中で過ごしています。最初は長すぎる時間に疲労感をとても感じましたが、現在ではそうではないです。

 

なぜなら電車内の時間を有効活用すればいい!と思うようになり、電車内の時間をたくさん自己投資しているからです。

 

しかし、スマホゲームをやっている人はすごく多いので、非常にもったいないなと思います。

そういう人は将来自分ためになることをやることをすごくおすすめします!

 

本を読んでみてはいかが?

本は一番手軽にできる自己投資だと考えています。電車内ってすることがかなり限られてきますよね。テレビも見れないし、テレビゲームもできない!そうなると読書をするとてもいい機会だと思います!

僕は電車に乗っている時間はテレビの誘惑がなく、ゆっくり読書ができるので、すごく楽しいです。

 

本を読みたくない人は「Audible」

本を読むのが好きではないという人は「Audible」というAmazonのサービスがあるので、これを利用してみてはどうでしょうか?

これは本を朗読してくれるサービスです。勝手に読んでくれるので、移動中や、疲れている時にはとても便利です。ただし、本の種類がとても多い!というわけでもないのでそこは割り切ってください。

 

英単語を覚える

これは私もやっていることなんですが、行きに10個、帰りに10個の単語を覚えるようにしています。家ではなかなか取り組まないのでいい機会です。

 

ニュースアプリをみよう!

家でニュース番組をだらだら見る時間は勿体無いですよね…

そういう時は電車内でニュースサイトやアプリをみるようにすれば時間の短縮にもなり、いい機会だと思います!

オススメはメジャーですが、いろいろなジャンルを取り扱っている「yahooニュース」が良いかと思います。

特に私みたいに経済のことに興味があったり、株投資をやっている人にもオススメです。

 

 電車内にいる驚きの時間!


片道15分電車に乗っているとします。そうすると往復で30分です。1ヶ月(30×5日×4)=600分!
なんとたった15分の電車内の時間だとからと侮ってはいけません。1ヶ月に600分もの時間になるんです!これだけの時間があれば本も結構読めますよね。
それが1年だとすると7200分…なんと丸5日間も電車内で過ごしていることになります。

 

このように長くの時間を電車で過ごすことになるので、スマホゲームをやっている人はもう少し有効活用できるように考えてみてはどうでしょうか?

私は高校生の頃、電車通学でしたがスマホゲームしかやりませんでした。しかし3年間で得られたことはありません。こうなってほしくなくて、この記事を書きました。

 

読書をしていればなと後悔しています。ぜひ読書をしましょう。