生活向上log

管理人が考えたことや、生活を向上させるための記事をお届けしていきます!

どんな手を使ったとしてもその実力は本物だよ

あなたはなにか特技がありますか?

 

少なからず人より優れているものは誰にでもあると思います。

 

あなたのそのスキルは、習い事や部活なんかで手に入れた能力かもしれません。しかし、そんなのは関係なくあなた自身の実力だと思います。

 

今回の記事ではそのことについてお話ししていきます。

 

 

以前、知人に言われたこと

私は中学時代に陸上部に所属していました。ある日、体育の授業で長距離走を走ることになって「陸上部だから速いね」と言われたことがあります。これを聞いてあまりいい気分がしませんでしたが、今なら理由がわかります。

 

その人だからすごいんだよ!

「陸上部だから速い」……いいえ、これは間違っていますね。

じゃあお聞きしますが、サッカー部の全員が全員とも、サッカーが上手いのでしょうか?

美術の全員が絵が上手いのでしょうか?

もちろんそんなことはなく、下手な人だっていますよね。

ただなんとなく入った人、出席率が悪い人、幽霊部員だっています。

 

つまり私は何が言いたいのかというと、その人がある特定の分野に優れているのに、そうなった過程は全く関係ないということです。

 

だいたい「◯◯部に入っているからできるのは当たり前」、「この習い事をしているならできるのは当たり前」と思っている人は自分が◯◯部に入ったらできると思っている人である可能性が高いですが、それは大きな間違いです。

なぜかと言うとそう言うことは誰だってできるからです。

 

どんなことでもやってみないとわからないものです。実際にそれをやったとしても初日で逃げ出すかもしれません。

私の部活はとても厳しく、毎日辞めたかったです。ですが自分はものすごく真面目な性格だったので辞めことができませんでした。その結果ずっと続け、実力がついてきました。

「それをいとも簡単に◯◯部だからできる!」と言われても不快な気持ちにしかならないですね。

 

 

継続は一番の才能

継続というものは一番の才能です。それを続けることができるということ自体に才能があるということです。なのでこうだからできるのは当たり前だろ!と思うのはやめましょう。その人だからできるのです。

 

 

だからあなたのスキルも

だからあなたが何か優れているものがあるとします。それは部活で学んだことだから、仕事で学んだことだから、と思っていてもそれはまぎれもないあなたの実力です。過程なんか関係なく、あなただからできたことなんです。