生活向上log

管理人が考えたことや、生活を向上させるための記事をお届けしていきます!

Charlotteというアニメの評価

私は先日、Amazonプライムで無料配信している「Charlotte」というアニメを視聴しました。

 

序盤がとにかく面白く、中盤の伏線回収もお見事でした。が、しかし終盤がちょっとグダグダしてきたかな?と思いました。

 

とても惜しい作品だと思ういます。その理由と、どのようにすればよかったのかを語っていきたいと思います。

 

 

あと、この記事はネタバレを含むので注意が必要です。

 

序盤はとても面白い

まずCharlotteはとても作画が綺麗で、音楽もLiaさんの歌が素晴らしいです。

 

さて、内容についてですが、主人公は中学時代に「5秒間だけ人の体を乗っ取ることができる特殊能力」が目覚めました。その能力を悪用してテストで高得点を取り、成績トップで進学校に入学するところから始まります。

一見すごく最低な主人公なのでは!?と思います。ハッキリ言って悪い人間です。

しかし、実際中高生に能力が目覚めたらこのように使ってしまうだろう。ということが巧みに表現されているな〜と思いました。

実際、私たちがその能力を手に入れたらその主人公と同じようなことに使っているかもしれません。

それから「友利奈緒」という本作品のヒロインに出会い星ノ海学園という学校に転入することになります。

理由ですが、特殊能力者は科学者の実験対象にされる恐れがあり、学園内は安全圏だからという理由です。

自分と同じ能力を悪用している人を科学者より先に捕まえるという主な内容はこんな感じです。

 

さらに序盤には伏線が多く存在します。

主人公は「夢にいないはずの兄が出てきたり」兄がいたような気がしたりと、「あれ?これどういうことだ?」と先が気になる伏線が張られていて、とてもぞくぞくしました。

 

 

中盤と終盤

中盤になり、妹は破壊の能力をうまく使えず、瓦礫の下敷きになってしまいます。主人公はショックで悲しむのですが、あることがきっかけで立ち直ります。

 

さらに中盤は序盤に貼られていた伏線を見事に回収しています。

主人公は兄が実は存在していたが、記憶を消す能力者に記憶を消されていたので、兄はいないと錯覚していたということです。

さらに主人公には略奪という能力も存在し、その能力でタイムトラベルの能力を奪い、タイムリープします。そして瓦礫の下敷きとなった妹の未来を変えるという流れです。

 

 

総評

まず、1クールなのにいろいろと詰め込みすぎているように感じました。

 

過去に戻り妹を救ったあと、強い能力者たちで構成された組織がでてきました。

ですが、あと4話ぐらいしかないし、日常パートでおしまいにすればよかったんじゃないかな〜と思います。

最後に詰め込みすぎた結果、主人公は最終回の30分で全世界の特殊能力の能力を奪い負担が大きすぎて自我がおかしくなるという誰も得しないラストになっています。

 

脚本を担当している麻枝准さんは感動するシナリオを書くことで知られています。しかし「Angel Beats!」など「日常ギャグが面白い」ことでも定評があります。

今作品では無理に詰め込み、変に感動を狙った結果グダグダになってしまったのだと思いますね……設定からしてシリアス路線ではなく、日常パートを前面に押すべきだったと思います。