生活向上log

管理人が考えたことや、生活を向上させるための記事をお届けしていきます!

勉強ができないけど頭はいいと思う人は起業をしたらどうだろうか

まずはじめに

勉強ができる≠頭がいい(賢い)

であり、イコール関係ではありませんよね。

勉強ができるから頭がいいというわけではなく、勉強ができても頭が悪いなと思う人もいますし、勉強ができない人で賢いと思う人はいます。

 

しかし、高学歴だと大手企業に就職できる人が多く、収入も多いです。東大出身者の平均収入は1000万円を超えています。

 

さらに「学歴」というのは、「収入」「容姿」「性格」に並ぶほど異性が求めているものでもありますよね。

 

しかし収入や容姿と違い、学歴って特に生活する上で必要ありませんよね…

 

私は高学歴ではありません、が、学歴というものはなぜ重要なのでしょうか?

 

勉強はすべての基本だから

テストの点数(勉強がどれだけできるのか)というのは自分の多くの能力を分かりやすく数値化したものだからです。

テストまでにより高得点を取ろうとする「努力」だったり「計画性」だったり「行動力」「集中力」「継続力」などのいろいろなスキルが、テストの点数から見えてきます。

そして、難関大学であればあるほど、それらの基本的なスキルが高いことになります。

 

雇われる側の人間を育成する場所

しかし、学校というものは雇われる側の人間の中で、優秀な人材を育てる場所です。なので、いくらテストの点数が良いからといって起業して成功するとは全く限りません。

ですので、中卒でも年収が数億円の人もいます。本当の意味で賢くなるにはどうしたら良いのでしょうか?

 

本を読んで勉強をしよう

本当に賢い人は雇う人間なのです。金持ち父さん貧乏父さんというベストセラー本にも書かれていましたが、お金持ちは会社を持ちます。

しかし、会社を設立するには勉強をやっても成功はできません。全く違うスキルだからですね。

 

ではどうしたら起業で成功できるのか…その大切な一つは「本を読む」ことです。

本は考え方や行動、その人の今後にプラスのなる良いことがたくさん書かれています。特定の悩みがあれば、それに関する専門的な書を読めばよいです。ですので、起業を考えている人はそれに関する本を読んで知識をつければいいです。

学校では教えてくれない本当の意味で賢くなることが書かれています。

 

最後に

自分で会社を作るのは、マニュアルや、どの行動が正解とは言えないのでとても難しいです。それに対して勉強は明確な答えが存在します。

そういう意味で起業は本当に賢い人間でないと成功できません。

もしも、勉強ができないけど、頭は悪くないと思う人は、たくさんの本を読んで、起業を考えてみてはどうでしょうか?